キャットフードの半生タイプについて

公開日: 

この半生タイプは保存が効くため常備しやすいところが最大の特徴です。

そして半生タイプは柔らかくジューシーに見えるので猫は大変喜んで食べます。

喜んで食べるからといって与え続けるのはやめた方がよさそうです。

理由は半生タイプには多くの水分が含まれています。

カビが生えないように防カビ剤や水分を含ませるために湿潤調整剤が使われています。

この添加物の中には石油やガソリンの酸化を防止させるものが使われたりしています。

これらの添加物はがんの発症リスクも高く生まれてくる猫の赤ちゃんが奇形だったりする可能性もあるほどです。

海外では合成添加物の表示の義務があるものの日本では義務がありません。

この半生タイプを与え続けると有害物質をひたすら与えることになります。

半生タイプよりもドライタイプを選んであげることを強くおすすめします。

この半生タイプは本当にジューシーで美味しそうに見えます。

実際半生タイプを買い込んだとこともあります。

猫も美味しそうに食べるのでたくさんあげようとすることも事実です。

海外と日本のペットに対する意識の差がまだまだあるのが明確です。

日本でも合成添加物の表示の義務化を実施してほしいものです。

カナガンの食事量(成猫)はこちら

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑